>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将棋タイトル戦とは (タイトル戦の概要)

タイトル戦とは前回の優勝者(タイトルホルダー)に対して挑戦する棋戦です。

2012年現在において将棋界には7つのタイトル戦があり、

竜王戦、名人戦、棋聖戦、王位戦、王座戦、棋王戦、王将戦の7大タイトルです。


この7大タイトルの中でも竜王戦と名人戦は他の5タイトルに比べ権威があります。


竜王戦


創設年 1988年(昭和63年)

スポンサー 読売新聞

参加者  棋士全員(約150名) 女流棋士4名 奨励会員1名 アマチュア5名 

タイトルホルダー(七番勝負)への挑戦権

     まず1組から6組に分かれた予選で、本選出場者を決めます。

     本選出場者が決勝トーナメントで優勝すると挑戦者になります。


七番勝負 (持ち時間8時間の2日制)で4勝すれば新竜王になります。

  開催時期 10月~12月


優勝賞金は4200万円で将棋界において最高額。敗者には1550万円。

   (7タイトルで竜王戦だけが賞金額の公開がされています)


永世竜王の称号は 連続5期 か 通算7期 で得られます。

     現在(2012年)において永世竜王の称号があるのは渡辺明のみです。


歴史  1948年に全日本選手権戦ができ、1950年には9段戦に、

     1962年には十段戦に、1988年には竜王戦へと変わっていきました。


関連本,dvd
    

第二十一期竜王決定七番勝負 激闘譜―渡辺明vs.羽生善治


死闘 渡辺明 対 羽生善治~ドキュメント竜王戦~ [DVD]


永世竜王への軌跡



名人戦


創設年 1935年(昭和10年)

スポンサー 毎日新聞  朝日新聞

参加者  棋士のみ

タイトルホルダー(七番勝負)への挑戦権

     順位戦 A級, B級1組, B級2組, C級1組, C級2組の5つのクラスにおいて

     最高ランクのA級(10人)のリーグ戦で優勝すると挑戦者になります。


七番勝負 (持ち時間9時間の2日制)で4勝すれば新名人になります。

  開催時期 4月~6月


永世名人の称号は 通算5期 で得られます。

  永世名人の有資格者は 引退後に~世名人と名乗ります。

   木村義雄(十四世名人)、大山康晴(十五世名人)、中原誠(十六世名人)

   谷川浩司(十七世名人)、森内俊之(十八世名人)、羽生善治(十九世名人)


歴史  1612年、大橋宗桂は徳川家康に俸禄(給与)を与えられ一世名人となり、

     それから名人の歴史が始まりました。当時の名人は世襲制によるものでしたが、

     十三世名人の関根金次郎を最後に世襲制が終わり、

     1935年より実力制による名人戦が始まりました。


関連本,dvd

実録 名人戦秘話 ~棋士生活40年 田丸昇の将棋界見聞記~


NHK特集 勝負 ~将棋名人戦より~ [DVD]



棋聖戦


創設年 1962年(昭和37年)

スポンサー 産経新聞

参加者  棋士全員(約150名) 女流棋士2名  

タイトルホルダー(五番勝負)への挑戦権

     一次予選、二次予選を勝ち抜いた者とシード者の16人による、

     挑戦者決定トーナメントで優勝すると挑戦者になります。


五番勝負 (持ち時間4時間の1日制)で3勝すれば棋聖になります。

  開催時期 6月~7月


永世棋聖の称号は 通算5期 で得られます。

     永世棋聖の有資格者

     大山康晴、 中原誠、 米長邦雄、 羽生善治、 佐藤康光


歴史  創設年の1962年から1994年まで1年で2期(2回)も行われた

     タイトル戦でした。



王位戦


創設年 1960年(昭和35年)

スポンサー 新聞三社連合

参加者  棋士全員(約150名) 女流棋士2名

タイトルホルダー(七番勝負)への挑戦権

     予選を通過した8名とシード者4名の合わせた12名が挑戦者決定リーグに進み、

     紅白2つのリーグに6名ずつに分かれ、その中で優勝した2人により

     挑戦者決定戦(1局のみ)が行われ決まります。


七番勝負 (持ち時間8時間の2日制)で4勝すれば王位になります。

  開催時期 7月~9月


永世王位の称号は 連続5期 か 通算10期 で得られます。

      永世王位の有資格者

      大山康晴 中原誠 羽生善治


歴史   1953年~1958年まであった三社杯B級選抜トーナメントが

     王位戦となりました。



王座戦


創設年 1983年(昭和58年)

スポンサー 日本経済新聞

参加者  棋士全員(約150名) 女流棋士4名

タイトルホルダー(五番勝負)への挑戦権

     一次予選、二次予選を勝ち抜いた者とシード者16名により

     挑戦者決定トーナメントが行われ決まります。


五番勝負 (持ち時間5時間の1日制)で3勝すれば王座になります。

  開催時期 8月~10月


名誉王座の称号は 連続5期 か 通算10期 で得られます。

      名誉王座の有資格者は

      中原誠 羽生善治


歴史  1953年に王座戦が創設されましたが、当初は優勝棋戦で

     1983年にタイトル戦となりました。



棋王戦


創設年 1974年(昭和49年)

スポンサー 共同通信

参加者  棋士全員(約150名) 女流名人 アマ名人 

タイトルホルダー(五番勝負)への挑戦権

     予選通過者とシード者が挑戦者決定トーナメントで争い

     その優勝者と敗者復活戦の勝者で決着して決まります。


五番勝負 (持ち時間4時間の1日制)で3勝すれば新竜王になります。

  開催時期 2月~3月

永世棋王の称号は 連続5期 で得られます。

      永世棋王の有資格者

      羽生善治


歴史   1954年に九、八、七段戦ができ、1957年には日本一杯争奪戦に

      1961年には最強者決定戦に、1974年には棋王戦となりました。

      また1981年には名棋戦(棋王戦の予選の役割があった)と合併しました。



王将戦


創設年 1951年(昭和26年)

スポンサー スポーツニッポン 毎日新聞

参加者  棋士のみ

タイトルホルダー(七番勝負)への挑戦権

     一次予選、二次予選を勝ち抜いた3名とシード者4名を合わせた7名が

     挑戦者決定リーグで争います。


七番勝負 (持ち時間8時間の2日制)で4勝すれば王将になります。

  開催時期 1月~3月


永世王将の称号は 通算10期 で得られます。

      永世王将の有資格者

      大山康晴 羽生善治





 

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

キンドル

Kindle Paperwhite

新品価格
¥7,980から
(2012/11/20 16:04時点)

カテゴリ
プロフィール

zack

Author:zack
将棋倶楽部24で
1400点前後を
うろちょろ
最近は伸び悩み
停滞中

棒銀戦法
将棋ブログがいっぱいあります!
羽生対局から50問!投了図からの詰将棋
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
将棋の秘密
将棋盤
インターネット比較
ヤフーモバゲー
hulu
将棋3手詰入門ドリル
コンピュータ将棋の進歩 6 -プロ棋士に並ぶ
将棋の戦法―完全マスター
検索フォーム
リンク
札束扇子
将棋図巧「寿」第100番(詰将棋)黒背景 Tシャツ
勝てる棒銀戦法 (将棋最強ブックス)
超急戦横歩取り (将棋最強ブックス)
明快相振り飛車 (将棋最強ブックス)
勝てる矢倉戦法 (将棋最強ブックス)
振り飛車破りユニーク戦法 (スーパー将棋講座)
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ライブ中継予定
RSSリンクの表示
競馬ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。